トップ 事業について 活動報告 冬あそびんピック2016>冬あそびんピック2015 > 冬あそびんピック2014冬あそびんピック2013 >
                               冬あそびんピック2012 >天神山あそびんピック2015 >
天神山あそびんピック2016>

子ども達に『夢』と『チャンス』の提供。
団体と団体を結ぶ おもてなし。

スポーツ文化をツールとした異文化とのマッチング。

冬あそびんピック2015    <2015/03/08 投稿


2015年2月1日(日)開催 
「 ふゆのつながるフェスタ IN 冬あそびんピック 」
主催:清田区里塚・美しが丘地区センター
共催:NPO法人北海道スポーツコンシェルジュ   <チラシ PDF>

札幌市清田区にある、里美地区センターにて「冬あそびんピック2015」
を開催しました。子ども達に冬のスポーツを楽しんでもらえるキッカケ
となってくれたらと願い、ほうきホッケー、スラップショット体験、
なりきりゴールキーパー体験、スノーシュー体験 などを行いました。

当日は 10:00~13:30まで 170名を超える参加者でした。
当ページでは冬あそびんピック2015の様子をリポートします。   

ボランティアの皆さん

今回も沢山のボランティアとスタッフの皆さんのお陰で開催する
事ができました。


当団体の主旨にご賛同して頂き、なんと!? ほうきホッケー用
のゴールと、スラップショット用のゴールを作成してくださった
佐藤様、女子アイスホッケーチームのコーチをされてらっしゃる、
森谷様に当日のご指導のご協力を頂きました。

        
                そして、当日のイベントを手伝っていただいたボランティアの皆様。
                              本当にありがとうございました。
                                 

なりきりゴールキーパー体験

アイスホッケーのジャージ、キーパープロテクター、
クラブ、ステイックを装備し、
『なりきりゴールキーパー』に 早変わり!!

       
小さなお子様には、大人用のサイズは大き過ぎたのか・・・。
ジャージを着るだけで全身を覆ってしまい、親御さんからの
笑いが絶えず、微笑ましい写真撮影会となり、ご好評頂きました。

スノーシュー体験


スノーシュー体験とは、昔でいう「かんじき」。今の子ども達にも
体験して欲しいということで開催しました。
長靴で歩くとズボズボ雪に埋まる雪の上でもスノーシューを履いて
歩くことにより、雪にも埋まらず歩きやすい体験を楽しんでもらいました。




ほうきホッケー


アイスホッケーの入口となってもらえる様に、雪上でも疑似体験が出来る、
『ほうきホッケー』を行いました。
どのご家庭にもある、『ほうき』をステイック代わりに。
市販のキャンディボールを『パック』代わりに。疑似アイスホッケー体験と
なる様なこのゲームは、子どもから大人まで、老若男女、誰でもカンタンに
参加できる楽しい擬似スポーツです。
参加者は、笑い声が絶えず、とても楽しいひと時を過ごしていました。



スラップショット体験

今回も森谷様のご協力を頂き、大人気のスラップショット体験を行いました。

本物のスラップショットは、150キロを超えるスピードなのですが、お子さんでも
雪の上で『スラップショット』を楽しんでもらおうと、打った時に、より一層、
スピードが出る様に、雪の上に板(コンパネ)を数枚、敷き、飛距離を調節して
楽しめる様にしました。やはりシュートがゴールに入る経験が楽しくて、
何度も試す子ども達が多かったです。
        


写真ギャラリー